土日サバンナを知っていますか!?

土日サバンナを知っていますか!? | ライン@で稼ぐ田中公貴です。



いつもブログ見ていただき本当にありがとうございます!!

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへまずはポチッとクリックしてGO

まずはポチッとクリックしてGO

『土日サバンナ』

知ってるか知らないか

人生はこれで大きく変わる。

損得勘定は好きではないが、損得で話すと

『知らないと損をすることはあるが、

知ってて損をすることは ほとんどない』

『節税』 

例えば、サラリーマンの方は節税していない方が多い。

というより、やり方も知らない方の方が多い。

確定申告の仕方も知らない人の方が多い。

では質問です

あなたは去年、いくら所得税を支払いましたか?

あなたは去年、いくら市民税を支払いましたか?

あなたは年末調整を自分でできますか?

あなたは保険料をいくら払いましたか?

あなたは年金をいくら払いましたか?

それでは

聖徳太子を知っていますか?

卑弥呼を知っていますか?

おしべ、めしべは?

知ってますよね。

どうでしょうか?

知ること、知識は大事ですが

もっと大事なのは『何を知るか』です。

『勉強して、いい成績をとって、安定した職業につきなさい』

と言う大人が多いですよね。

そして、多くの方は言われた通りに勉強した

しかし、学校で勉強したことは

あまり社会では役にたたなかった。 

だから、多くの方が勉強が嫌いになった。

『時代の変化』 

時代を振り返ってみよう。

時代は安定と不安定を繰り返している。

戦国時代は不安定
江戸時代は超安定
幕末、明治維新は不安定
そして、戦後、昭和は安定した時代

では現在はどうだろうか?

『生き方のコツ』 

生き方にもコツがあります

先ほどの『勉強していい成績をとって

安定した職業につきなさい』

と教えてくれるのは誰ですか?

僕達の親の世代ですよね

僕達の親の世代は安定した時代を生きてきた

その『安定した時代の生き方のコツ』が
『勉強していい成績をとって、安定した職業につきなさい』
だと言うことです。

『コツが違う』 

『安定した時代のコツ』を教えられた、『不安定な時代を生きる』私たち

これは、大問題です

コツが違うのにうまくいくわけがない。

『迷う』 

22、23、24歳くらいになって、社会人3年目くらいになると、退職、転職
を考えだす方が本当にたくさんいる。

それはなぜか?

迷ってるんです。

あなたは迷っていませんか?


あなたは何歳までイメージできてますか?

人生80年の時代です

どこまでイメージしてますか?


それも、具体的に現実的にだ。


生涯賃金を2億円としょう

老後の20年間の生活費 6000万円(月25万円)
家、家賃、リフォーム 5000万円
車、維持費      1500万円(生涯4台)
子供(2人20歳まで)3000万円
税金         5000万円

合計         2億500万円

500万円の赤字だ

これは、コンビニでペットボトルのお茶一本買っていない
状況での話だ。

ということは金は足らないということだ。

私たちの親の世代はまだいい
退職金に年金があるから、老後もなんとかやっていける。


『学歴社会から実力社会へ』 
時代は変わった

少し前までは学歴社会だった、少しでもお給料、ボーナス、退職金
のいい会社に入るために、勉強した。

それを、子供たちに『勉強していい成績をとって、安定した職業につきなさい』
と教えてきたわけだ。

学歴社会のコツを教えてくれたわけだ。


しかし、これからは実力社会だ。

実力のない方
時代の変化に自分を合わせて変化できない方

これらの方は、残念ながら実力社会では苦しんで生きる可能性が高い。

『25以下の方』
今の20から25歳くらいの方は本当に中途半端な時代を生きて
きた、変化の狭間を生きてきたという意味だ。

それ以下の世代は少し考え方が変わってきている

就職がすべてではなく、実力をつけて独立して生きていくことを
選択している人が増えてきている。
そしてITにも強い世代だ。

だからこそ、20歳から25歳くらいの世代の方に伝えたいことがある。

そして、提案したいことがある。

伝えたいことは本当はもっとたくさんある

が、この日記では限界がある。

メッセージいただければ対応させていただく。

今回は提案だけさせていただく

その前に伝えておく。

あなたがどうなろうとも僕は困らないということだ。

そして、誰かに何かを売るつもりもなければ、何かをやらすつもりもない。

ただ、発信しているだけだ。


疑い深い人がいる

そういう人は

自信がないのだ
知識もなければ、得ようともしない
計画性もないし、問題解決能力が低い
経験値が少ない方も多い

まぁそれはどうでもいい

『土日サバンナ』 

提案はこれだ




わかりやすく伝えたいのであえて、動物園と言わせていただく

仕事を与えてもらい、管理してもらい、お給料をいただく。
これを動物園の生活と例えると。

自営業者、経営者はサバンナで生きていることになる。

どっちがいい、悪いが言いたいのではない

そんなことはどっちでもいい

あなたの土日(休日)を使い

土日だけサバンナに出てみてはどうだろうか

ということだ。

これを提案したいのだ。

土日の時間を使って、1円でもいい

まず1円

あなたが自分でお金を生み出すということをしてみてはどうだろうか?

もちろんやらなくてもいい

自分の力でお金を生み出せる人を

僕は経済力のある人と呼ぶ


こんな人が増えれば世の中よくなると思っている。

『土日サバンナ』について興味をもっていただけたら、メッセージ
などいただければ嬉しく思います。



本当に、生きる力のいる、完全実力社会が目の前にきている

少し前の時代は追い風100メートルのような時代だった。
動かなくても進むし、走れば早く走れる。
勇気を出して、旗を広げようものなら、飛んでいけた

そんな時代だ

しかし、今は向かい風100メートルの時代だ

旗を広げるのは危険だ

進むためには、みんなでくっつき、ゆっくり進むしかないのだ。

『コミュニティの時代』 

これからはコミュニティの時代だ

コミュニティとは共同体という意味だ

この向かい風を進むには共同体で進むしかない。

全員に実力があるわけではない

だから、価値観のあうものどうしが、運命共同体となって
進んでいく必要がある。

一人では生きていけないのだ。

価値観のあうものが集まれば

情報
ビジネス
趣味
健康
その他、すべてにおいて可能性が広がる。

以上にしておこう

書ききれない笑

最後に、迷っている方、悩んでいる方

なんでもいい、この記事に共感出来れば

コメントやシェアなど何かアクションを待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です