【今思えばあの日が僕の人生におけるターニングポイントでした】

【今思えばあの日が僕の人生におけるターニングポイントでした】 | ライン@で稼ぐ

 

 

 

 

 

 

知っている人もいるかもしれませんが

僕は20歳の時に、ある有名社長の専属運転手でした。

 

 

それまでは三重の田舎でペンキ屋や土木作業を

しながら、汗ダクになり将来に対する不安と

やりがいの無い人生に退屈さを感じていたのです。

 

 

よく「金ナシ、コネなし、人脈なし」とかの

ありきたりなストーリをでっちあげる人もいますが

僕は本当に学歴も人脈も資金もない所から

自分を変える為に東京に出ました!!

 

 

周りや知り合いから

「どうせスグに帰ってくる」

「アイツに何もできる訳がない」などの

有り難いお言葉を頂きましたが全てを

無視して全財産の2万円を握りしめ上京。

 

 

その当時の僕は三重から東京に出る

交通手段を新幹線ぐらいしから知らず

バスで行くと言う節約術を知らないまま東京へ。

 

 

当然到着すると、残り所持金8000円弱・・・

この全財産で寝泊まりしながら

社長に会える段取りを始めたのです。

 

 

金があれば有利なのかもしれませんが

人間無いなら無いで頭を使います。

 

 

当時社長のブログに掲載されていた

西麻布の会員制Barを訪れ、

「○○社長に会わせてください」と

泣くようにお願いしたのです。

 

 

それから数日後に僕の携帯電話に

知らない番号から電話が・・・

その電話の主は当時の社長の会社の

秘書の方でなんとラッキーにも僕と

お会いしてくれるとのこと!!

 

 

約束当日、場所は六本木ヒルズ39F

田舎から出てきたばかりの僕が

驚異的な行動力で実際に会える

まで、こぎつけたのです。

 

 

今振り返っても、あの日が僕の全てで

ターニングポイントでした。

 

 

全てはあの日から変わったのです!!

 

 

たくさんの人に批判され馬鹿にされたけど

結局その人達は何もできないまま年を

重ねています。。。

 

 

行動して馬鹿にされる人か何もしないで

批判する人間か。

 

 

どちらの人生を歩みたいですか??

 

 

僕は批判され始めた瞬間から、良い方向に

人生を傾けることができました。

 

 

【驚異的な行動力を兼ね備えよ】
http://tanaka-hirotaka.com/onsei-deai.mp3

 

追伸:現在、自身の処女作である

音声コンテンツを作成中です。

 

完成したら報告致しますので、楽しみに

お待ちください。

 

-TANAKA-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です