【一瞬の欲に負け過ぎですよ。マジで・・・】

【一瞬の欲に負け過ぎですよ。マジで・・・】 | ライン@で稼ぐ 



 

 

 

 

 

 

 

 

TwitterやFacebookなどが

当たり前になったこの時代では

良くも悪くも情報が拡散されて

いくことが非常に簡単になりました!!






携帯電話はもはや電話の領域を超えて

ネットとしての機能を搭載した

スマートフォンとなり1人1台

所有するのが当たり前の世の中です。






さらにはLINEの登場によって

一般人のメール使用度が

少なくなったのも事実でしょう。






一昔前なら自分の存在や情報をたくさんの

人に知ってもらうには、お金をかけ広告を打ったり

PPCなどで上位表示させたりする作業必要でした。






しかし最近はリツイートやシェアなどの

機能を使えば誰でも無料で一気に

告知できてしまうのです。






当然ですが、良い情報を発信すれば

たくさんの人に喜ばれますし、

悪い情報を発信すれば叩かれてしまいます。






つまり何が言いたいかと言うと悪いことや

相手の気持ちを無視したビジネスとか

絶対にするべきではありません!!






当たり前にコツコツ続けることが

一番の信頼を勝ち取る方法では

ないかと僕は確信づいています!!






一時的な金銭などの欲に塗れた

人間は残念なことにネットの世界から

消え去って「あの人は今?」みたいな

状況に陥るのがほとんどです。。。






冷静に考えてみたらわかるのですが

この先、何年、何十年と長続きすることが

できた可能性があるビジネスの

柱を自ら倒しているような状況なんです。






一瞬だけ欲望の為にお金が入るよりも

長く継続してレバレッジを効かせることが

できるようにビジネスをするべきだと思います!!






実際過去の僕も駆け出しの頃は

【最短とか最速】でみたいに

憧れたこともありました。。






でもそんなバカで頭の悪い人間を見る度に

自分は同じようには絶対にならないと

反面教師にしてつまらない欲は永遠に

封印してやった訳です!!!






何よりも、しっかりと正しくビジネスを

学ぶ気持ちのほうが勝っていたので、

自分の気持ちが負けることにならなかったのかなと。






その一瞬の誘惑に負けなかったからこそ

段々と少しづつ価値観の近い人間が集まってくれる

ようになったり、親身にメールを頂いたり

することが現実として起こるようになりました。






ビジネスの本質と言うよりも人間として

当たり前のことを大事にする。。。





本当の意味で幸せとか達成感を味わう為にも

常日頃から学ぶ姿勢をしっかりと持ち

インプットとアウトプットの反復を自らに

繰り返していくことしかありません。





====================
・面倒くさいことは嫌だ!!

・楽して稼ぎ続きたい。

・お客様とか仲間とかどうでもいい!!
====================




こんなアホみたいな考えを

持っている人はマジで危険ですね。






と言うか僕と考え方が1mmも合わないので

SNSの友達やメルマガも解除してください。





それに詐欺とか返金とか叩かれている人の

共通点を見ると圧倒的にインプットの

量が少ないこととサービスと価値が

極めて低いことが当てはまります。
(あくまで僕の主観です)






何でかわからないんですけど、

少しうまく行くと学ぶことを

止めてしまう人が多すぎる。






僕からするとマジで意味がわかりません!!






常に成長して進化していくことって

めちゃくちゃ楽しいじゃないですか??






イチローが「今のままの僕でもう十分です」

「練習もしなくても全然OK」とか言うとでも

思いますか??






まずはその当たりから

考え方を直すべきです!!






それに媒体を強化すればする程

たくさんの人に拡散されていきます。






第三者のとって、良いことや楽しいことを

広めていくべきですし、その根本は

【自分自身の欲よりも他人に喜ばれる】

ことを考えることから始まります。






僕も”想いやりの軸”ぶれないようにして

情報発信の価値を高めていきますので

今後とも楽しみにしててください!!





それではまた





追伸:価値の高いサービスを作り

発信していけばイヤでも

認知される人間になれます!!




そんなことからまずは品格のない人と

ビジネスを組むこととか

絶対に避けるべきですね。笑

 

 

 

-TANAKA-

 

公式無料メールマガジンはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です